弁護士はいたほうが良い

list

2017年08月24日
離婚調停はどれくらいの期間続くのかを更新。
2017年08月24日
弁護士はいたほうが良いを更新。
2017年08月24日
最終的な判断は調停委員が下すを更新。
2017年08月24日
離婚後に養育権等でもめないためにを更新。

update post

離婚調停はどれくらいの期間続くのか

離婚調停とはどういう手続きなのか? 基本的に離婚調停は夫婦間の話し合いの場になりますので弁護士を立…

more

弁護士はいたほうが良い

離婚調停で重要になるポイントについて 一般的に裁判所が絡んだ問題に巻き込まれた時には弁護士に相談や…

more

最終的な判断は調停委員が下す

離婚調停を有利に進める為のポイントとは デリケートな問題を多く扱っている家庭裁判所では、本来なら裁…

more

離婚後に養育権等でもめないために

離婚調停 最近では浮気や不倫などが原因で離婚を選択する夫婦が増えているのですが、その決着のつけ方は…

more

 

離婚調停で重要になるポイントについて

一般的に裁判所が絡んだ問題に巻き込まれた時には弁護士に相談や依頼をする事が多いとされています。なので離婚調停の際にも弁護士に依頼して代理人として同席してもらう方は多いのですが、弁護士がついているからと言って有利になるわけではありません。と言うのも、基本的に離婚調停とは調停委員を間に入れて夫婦間で条件などを話し合っていく形になります。
なので法律の専門家である弁護士もほとんど口を挟む余地がなく、実際に弁護士を立てなくても離婚調停は問題なく行われています。ただ弁護士を代理人にした方が良いケースも存在していて、自分の言いたいことを整理して話せない方や調停委員の言う事を素直に聞いてしまう方などは弁護士に依頼した方が良いとされています。弁護士は法律の専門家であると同時に非常に弁の立つ方が多く、事前の話し合いをしっかりと行えば要点を整理して代わりに話してくれます。
また仮に調停委員が相手方に同情していた場合でも依頼人の望む形での決着になるように働いてくれますので、相手に有利な条件になりそうな時にもそれを防止できるようになります。ただし弁護士の依頼にはそれなりの金額が必要になりますので、話し合いの条件次第では依頼料の方が高くついてしまうケースもあるとされています。

離婚調停で依頼すべき弁護士の特徴について

一般的に、婚姻関係にあるにもかかわらず配偶者が浮気や不倫などをした場合には離婚を選択する夫婦は多くなります。そして離婚は大きく分けて三段階に分かれていて、最も円満な形になるのが夫婦間の話し合いで終わる協議離婚になります。しかしこの協議離婚が成立しなかった時には離婚調停で決着をつけるようになってしまい、非常に長い時間がかかりますし場合によっては自分に不利な条件で離婚が成立してしまう可能性が出てきます。
なので、離婚調停に進んだ場合には可能な限り自分が有利になるように動くことが重要になります。ただ有利にしようと考える方の中には弁護士を立ててしまう事があるのですが、基本的に離婚調停は弁護士に依頼しても有利になるとは言えなくなっています。と言うのも離婚調停が原則として夫婦間の話し合いを行う場になっていることが理由で、法律はさほど重視されていません。
なので法律の専門家である弁護士でもできることは限られてしまい、最悪の場合は無駄に依頼料を支払っただけという事態にもなりかねません。したがって離婚調停では何よりも調停委員を味方にする事が重要になっていて、そのための重要なポイントになるのがキチンと陳述書を作成する事だとされています。