離婚調停はどれくらいの期間続くのか

list

2017年08月24日
離婚調停はどれくらいの期間続くのかを更新。
2017年08月24日
弁護士はいたほうが良いを更新。
2017年08月24日
最終的な判断は調停委員が下すを更新。
2017年08月24日
離婚後に養育権等でもめないためにを更新。

update post

離婚調停はどれくらいの期間続くのか

離婚調停とはどういう手続きなのか? 基本的に離婚調停は夫婦間の話し合いの場になりますので弁護士を立…

more

弁護士はいたほうが良い

離婚調停で重要になるポイントについて 一般的に裁判所が絡んだ問題に巻き込まれた時には弁護士に相談や…

more

最終的な判断は調停委員が下す

離婚調停を有利に進める為のポイントとは デリケートな問題を多く扱っている家庭裁判所では、本来なら裁…

more

離婚後に養育権等でもめないために

離婚調停 最近では浮気や不倫などが原因で離婚を選択する夫婦が増えているのですが、その決着のつけ方は…

more

 

離婚調停とはどういう手続きなのか?

基本的に離婚調停は夫婦間の話し合いの場になりますので弁護士を立てる必要はないとされていますが、どうしても不安な方や自分の考えをまとめるのが苦手な方などは弁護士を立てた方が有利になると言えます。そしてその時に依頼する弁護士は男性の方が良いとされていて、依頼人が男性でも女性でも弁護士は男性の方が良いと言われています。
これは女性の弁護士がダメだと言う意味ではなく、あくまでも離婚調停を有利に進める為のポイントになります。厳密に言えばどんな状況でも冷静に対応できる方が良く、それは男性弁護士に多く見られる特徴だとされています。離婚調停は原則として調停委員にたいして双方が話をしてそれを踏まえて話し合いが進行していくのですが、調停委員も人間なので好感の持てる方に肩入れしてしまうケースが見られます。
そして感情的になってしまうと好感は持たれにくくなってしまいますし、場合によっては悪い印象を与えてしまう事もあります。なので冷静に話し合いの出来る弁護士が良いとされていて、それが男性弁護士がおすすめされる理由になっています。なお女性が依頼する場合には女性弁護士が担当になる事が多いのですが、依頼人が希望すれば男性に担当してもらう事が可能になっています。

離婚調停の流れについて知ろう

夫婦の仲が冷えきってしまい、いまや離婚をする夫婦の割合はどんどんと増加傾向にあります。しかし中には離婚が上手く成立せず、泥沼化してしまうことも多く考えられますよね。そこで出てくるのが「離婚調停」という手続きなのですが、どういった手続きを行うのでしょうか?まず離婚調停とは正式に「夫婦関係調整調停」と呼びます。
離婚調停は夫婦間での離婚の協議、つまり話し合いが上手くいかなかったり進まない場合に用いられ、裁判所に入ってもらって強制的に話を進める方法だと思って下さい。裁判所の調停委員が仲介に入ることで、「そもそも離婚を本当にするのか?」「どういった条件で離婚するのか?」などの協議を円滑に進めることになります。例えば子供の親権問題や、離婚後の財産分与の配分、慰謝料の支払いの有無などを話し合うことになります。離婚調停で話し合いが行われますが、もちろんお互いに都合が付かないことも考えられます。
その期間の相場は大体半年程だと言われています。スムーズに進めば1ヶ月程で離婚調停は終わることもありますし、逆に長引けば1年以上続いてしまう可能性もありますので、あくまでも目安だと思って下さい。離婚などしない方がいいに越したことはありませんが、浮気や夫婦間のすれ違いなどで、どうしても夫婦関係が続けられないということもあります。その際にどうしてもこじれる場合は離婚調停を行うようにしましょう。